一般歯科

不安をとりのぞき、痛みを抑えた歯科治療を

歯が痛む、歯茎が腫れる・・・。その原因は、虫歯や歯周病、知覚過敏などさまざまです。
当クリニックでは、まず丁寧な検査・診断によって原因を明らかにした上で、患者さんそれぞれに合った治療を行います。
歯の治療には不安を感じる方も多いでしょう。その不安を取りのぞくために原因や治療方法をご説明し、
できるだけ歯を傷めることのないよう、痛みを抑えた治療を行います。
身体への負担をできるだけ減らす治療のために、痛みを感じたら早めに受診いただくことが大切です。

虫歯治療

歯についた食べ物のカスなどが歯垢(プラーク)を作り、それが酸を作り出して歯を溶かしてしまうのが虫歯です。初期段階では自覚症状がありませんが、少しでも痛みを感じたら、急速に虫歯が進行してしまいます。
初期の段階なら、虫歯になった部分を削ってプラスチックを詰めて治療します。神経まで進行してしまった場合は神経を取り除き、かぶせものをしますが、当クリニックでは高い技術力と最先端の歯科用レーザーを使い、できるだけ痛みやストレスを減らした治療を行います。

歯周病治療

歯を失う原因で最も多いのは、虫歯ではなく、歯周病です。しかも成人の約80%がかかる生活習慣病で、歯茎や骨にまでダメージを与えてしまう大変な病気です。初期や中期は自覚症状がないため、口臭がしたり歯茎に違和感を感じたら、まずご相談ください。当クリニックでは、状況を正しく検査した上で治療計画を立てていきます。
歯周病対策には毎日の正しいブラッシングが欠かせないため、その指導や練習も行います。

知覚過敏

冷たいものを食べたときに歯がしみる場合は、知覚過敏の可能性があります。知覚過敏は、歯を覆っているエナメル質が間違った歯磨きや噛み合わせの悪さなどによって削られることで、内側の象牙質がむき出しになって起こります。また、虫歯や歯周病が原因で歯がしみることもあるので、当クリニックではまず原因をきちんと調べた上で、適切な治療を行います。

歯科診療科目一覧